本文へ

 

商品の選び方

エコジョーズ化宣言

ガス消費量を節約し、かつ、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)の排出を大幅に抑制する「エコジョーズ」タイプの給湯器が取替給湯器の主流となっています。

エコジョーズ化宣言

潜熱回収型高効率ガス給湯器「エコジョーズ」は、従来、一次熱交換器で水をお湯にした後の排気ガス中の水蒸気に含まれる潜熱を利用し、二次熱交換器で給湯器に供給されてきた水を余熱します。こうすることで熱効率が95%までとなり、さらに排ガス中の二酸化炭素(CO2)を大幅に削減(従来非約13%)させ、省エネルギーとなり地球温暖化防止にも貢献する優れた給湯器です。

社団法人日本ガス石油機器工業会と日本ガス体エネルギー普及促進協会が提唱する「エコジョーズ化宣言2013」とは、このエコジョーズタイプのガス給湯器を2013年3月末までにガス給湯器の「デファクトスタンダード(事実上の標準)」にしようと運動を進めてきたものです。

ドレンの取扱

潜熱回収型ガス給湯器「エコジョーズ」では、燃焼運転時に排ガス中の水蒸気が水滴となりドレン(排出水)が発生します。このドレンは下水道法上は「汚水」とされていましたが、国交省では「雨水系統への排出に関する取扱(ガイドライン)」で「各自治体が公共下水道の整備状況及び、地域の公共用水域への影響を勘案しつつドレン排水を雨水と同様の取扱とし、必ずしも汚水系統の排水設備へ排出する必要がないと取り扱う判断も可能である」とし「エコジョーズ」のドレン処理が比較的簡単に設置できるため、今後「エコジョーズタイプガス給湯器」の普及に拍車が掛かります

出荷台数の推移

2013年の「エコジョーズ化宣言」以降、「エコジョーズ」は急速にそのシェアを伸ばしています。

2014年3月末エコジョーズ出荷ベース

年度 年間(万台) 累計(万台)
2013年3月末時点 90.3 448.0
2012 76.4 357.7
2011 66.9 281.3
2010 55.8 214.4
2009 42.4 158.6

エコジョーズ コラボ合計:日本ガス石油機器工業会調べ