本文へ

 

商品の選び方

オート、フルオートの違い

最近のお客様は自動タイプ(オート)より、さらに高機能の全自動タイプ(フルオート)を選ぶ傾向が高まっています。また、おふろは疲れを癒す場所でもあるので、ゆっくり快適な入浴ができる機能のものを選びましょう。

オート(セミオート、自動)・フルオート(全自動)とは・・・

あらかじめ設定した温度とお湯の量で自動的にお湯はりをし、自動機能を「ON」にしておくと、保温してくれて更に温度が下がると自動追い炊きをする機能は、オートもフルオートも同じですが、フルオートの場合、浴槽の湯量を監視し、湯量が下がると自動で「たし湯」をするのでお湯をたくさん使っても次にお風呂を使う人に迷惑が掛かりません。また、冬の寒い時期でも人がお風呂に入ったことを検知し、設定温度まで自動的に追い炊きします。

オート

オート

フルオート

フルオート

自動足し湯

他の人の入浴後にお風呂に入ると、お湯の量がだいぶ減っている場合があります。こんな場合、フルオートタイプは湯量が減ったことを自動で検知し、自動で「足し湯」してくれますので、入浴する人はお湯の量を気にせずに快適に入浴することができます。(オートタイプの「足し湯」はリモコンのスイッチで手動で行います)

入浴検知による自動たき上げ(ごきげんオート)

自動保温中に湯船に入ってしばらくぬるいと感じる場合がありますが、フルオートタイプは、人が湯船に入ったことを自動で感知し、ぬるいと感じる前に自動で炊き上げるので、冬に冷えた身体で入浴する場合でも、快適に入浴できます。

自動ふろ配管クリーンとは

さらにフルオートには「追い炊き配管の自動洗浄機能」があります。これは浴槽の栓を抜くと給湯器がわずかのお湯(約5リットル)を使って追い炊き配管内部の汚れや入浴剤などのヌメリを洗浄する機能です。そのためお風呂はいつも清潔な状態を保つことができます。

自動ふろ配管クリーン機能のふろ水の細菌の数

オートとフルオートの機能差の一覧

機能 フルオート オート
追い炊き配管自動洗浄 ×
自動足し湯 ×
入浴検知・自動炊き上げ ×
残り湯の沸かしなおし(ふろ自動の場合)
設定水位まで自動沸かしなおし

湯量にバラつきがあります

給湯器の機能ダウンは後悔のもと?
現在の給湯器がフルオート機能のタイプで、取替時にオートタイプに変更すると使い勝手が悪くなり、フルオートにしておけばよかったと後悔する場合があります。現在使用中の給湯器がフルオートなら、取替機種もフルオートタイプをお薦めします。